トップページ >税金 >軽自動車税

軽自動車税の税制改正について

        

平成28年度から軽自動車税の税額変更が行われます。

・軽自動車税の税制改正について(PDF)

原動機付自転車及び二輪車等

 

平成28年4月1日から次の通りになります。

車種区分現行税率新税率
原動機付自転車総排気量が50㏄以下1,000円2,000円
総排気量が50㏄超90㏄以下1,200円2,000円
総排気量が90㏄超125㏄以下1,600円2,400円
ミニカー 2,500円3,700円
軽自動車二輪 総排気量が125㏄超250㏄以下 2,400円3,600円
二輪の小型自動車 総排気量が250㏄超 4,000円6,000円
小型特殊自動車農耕作業用(トラクターなど)1,600円2,400円
その他(フォークリフトなど)4,700円5,900円

四輪以上及び三輪の軽自動車

 

初度検査年月に応じて、税額が決まります。
※ 初度検査年月とは・・・新車購入時に最初にナンバーを取得するための検査

初度検査が平成27年3月以前の車両は、検査から13年を経過するまでは現行税額のままです。
初度検査が平成27年4月以後の車両は、新税率が適用されます。
初度検査後、13年を経過した車両は、経年重課の税率が適用されます。(平成15年3月31日以前に登録の車両)

車種区分初度検査が平成27年
3月以前(現行税率)
初度検査が平成27年
4月以後(新税率)
初度検査後13年経過
(重課税率)
四輪乗用自家用7,200円10,800円12,900円
営業用5,500円6,900円8,200円
貨物自家用4,000円5,000円6,000円
営業用3,000円3,800円4,500円
三輪3,100円 3,900円4,600円

燃費性能に応じた「グリーン化特例」による軽課

 

平成28年度は三輪と四輪の軽自動車で、排出ガス、燃費性能の優れた車に「グリーン化特例」が適用されます。
適用されるのは、平成27年4月1日~平成28年3月31日までに初度検査を受け、次の条件を満たしたものに限ります。

車種区分電気自動車・
天然ガス自動車
ガソリン車・ハイブリット車
(Ⅰ)(Ⅱ)(Ⅲ)
軽課税率 税率を概ね75%軽減 税率を概ね50%軽減 税率を概ね25%軽減
四輪乗用自家用2,700円5,400円8,100円
営業用1,800円3,500円5,200円
貨物自家用1,300円2,500円3,800円
営業用1,000円1,900円2,900円
三輪1,000円 2,000円3,000円

(Ⅰ)平成21年排出ガス規制に適合し、平成21年度排出ガス基準値より10%以上窒素酸化物の排出量が少ない車両に限る。

(Ⅱ)乗用 : 平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成32年度燃費基準+20%達成車
   貨物 : 平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成27年度燃費基準+35%達成車

(Ⅲ)乗用 : 平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成32年度燃費基準達成車
   貨物 : 平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成27年度燃費基準+15%達成車
※ 燃費基準の達成状況は、自動車検査証の備考欄に記載されています。         

お問い合わせ先

五ヶ瀬町役場 町民課 税務グループ 軽自動車税担当
TEL:0982-82-1704 / FAX:0982-82-1721